31回目の結婚記念日のこの日。。。
意を決して婦人科を受診しました。

この2~3年は、生理も3月と10月というふうに、
半年に一回、年に二回くらいになっていました。
2015年3月に、また(多分)生理がきて、
いつものように少量で、3日ほどで終わりました。

6月頃から、なんとなくピンク色のおりものがあるようになり、
なんだろう。。。と、気にしつつ、ずっと続きました。
8月頃には、トイレに座ると、そのピンク色のおりものは糸のように長くぶら下がるようになり。。。
特に大出血するとか、お腹が痛いとか、
他には何の変化もありません。
ただこの変なおりものだけでした。
それも長く続くとやはり心配になります。
これは、やっぱり、何か変かな
初めてだな、こんなの。。。と、考えた末、
でもわりと軽い気持ちで病院に行く決意をしたのです。

婦人科へ行くのは、いくつになっても抵抗があります
せめて、女医先生なら。。。。
と、友達に聞いて、女医先生のいるちょっと大き目な病院を予約しました。

そして、今日、受診。
子宮体がんと子宮頸がんの検査をしました。

子宮体がんの検査は初めて受けました。
痛い悶絶
しばらく診察椅子から起き上がれず。。。

超音波で診ている時、先生がそばにいた看護師さんに
『あつい』とか、なんとか言ってるのが聞こえました。
意味もわからないけど、ちょっと嫌な予感。。。。
(後に、この『あつい』とは、子宮内膜が厚くなっているということだとわかりました。)


11月4日に検査結果が出るとのことで、次回の予約をして帰宅しました。

先生の『あつい』。。。という言葉が気になり嫌な予感はありつつも、
この時は、まさか悪い結果が出るなんて予想してませんでした。。。



         

かかった
費用
8,200でした。