1s2015年10月21日、意を決して婦人科を受診し、
子宮体がんと子宮頸がんの検査をしました。


そして検査結果を聞きに11時半の予約で病院へ。
今日は30分ほどの待ち時間で、呼ばれました。


先生:「結論から言いますね。」

私:(えっなんかちょっと嫌な予感。。。)

先生:「子宮頸がんはきれいでした。なんともありません。」

私:(じゃ、他どこか駄目なの???)

先生:「子宮体がんの方で、悪い細胞が出てます。まだこの段階ではがんと診断できないですが。。。」

私:なんか、もうそれだけで、ほわ~~んとしちゃって、心ここに非ず。。。って状態だったような。。。

先生:「入院してもらって手術をします。子宮内膜全面掻爬といって。。。。。」
と、いろいろ説明され。。。

私:「じゃ、それでなんともないとわかれば。。。」

先生:「なんともないことはありませんね。。。悪い細胞が出てるので。。。」

私:  が~~~~~~~~ん


診察室を出てから、しばらくぼーっと椅子に腰かけていました。
・・・先生、『がん』って言葉を言った?。。言った。。。
がん。。。癌。。。癌?????
もしかしたら、がん?


そう、グレーなんですね。
できるだけ早い方がいいということで、9日(月)一泊入院で、手術を受けることになりました。
家族の同行が必要とのことで、夫に一緒に行ってもらえることになりました。


まだはっきりがんって言われたわけじゃなく、結果が出るまでは、あまり心配せずに過ごそうと。。。
でも、不安。。。


         

かかった
費用
1,910でした。