入院中の日記を元に記します

トイレが近く、何度も起きました。
点滴とドレーンを気にしつつ、それでも、少しは楽になってトイレに起きる以外は眠れました。

朝起きると、お腹すいた~と、ちょっと朝食が楽しみに

一応痛み止めもらって飲みました。
我慢しなくていいですよ~って、言われたので

朝、先生方の総回診。
いきなり、「ドレーン抜きますよ」って
そりゃ、嬉しいけど、何の心の準備もなく、怖い~怖い~怖い~
怖がる私を、おもしろそうに見ている先生

先生:「大丈夫よ」と消毒して。。。。。。。あっという間に抜けたようです。
ほとんど無痛
ドレーン抜いた後は、ガーゼが当てられていました。

と、その時気づいた、左側の傷のテープが傷の辺りまで剥がれていることに
私:「せ・・・先生・・・・・これ・・・・
先生:「大丈夫よ~( ̄ー ̄*)
え~~でも~~~オロオロ。。。。

総回診の後で、主治医の先生一人で来て下さって、剥がれかかったテープをも一度テープでとめて下さいました

そして、
先生:「しっかりしてる人だから、大丈夫」って。。。
えへっ。。。どういう意味かしらん(苦笑)


その後、麻酔科の先生がいらして、副作用で気持ち悪くなってしまうので
流す量を半分にしていた痛み止めを全部やめて、外してもらいました。
もう飲み薬で十分、大丈夫。

やっとお通じあり。。。
でも、普通の便じゃなかった
大丈夫か

おしっこももう量らなくてよいと
そしてこの頃には、血の混じったような赤い尿は普通の色になっていました。
それだけでも、なんだかホッ(´▽`)


午後から、看護助手さんにシャンプーして頂きました。
一度目は泡立ち悪く、二回洗いして頂きました。
ドライヤーで乾かして頂いて、生き返ったようにすっきりしました


夕方には、副主治医の先生がいらして、手術で摘出した子宮の写真を見せて頂き、色々説明して頂きました。
驚くほどの脂肪の分厚い壁(お腹)のMRIと共に、しっかり写真に収めさせて頂きました


夕方、一旦点滴は確保の状態で、包帯で巻いて。
夜の抗生剤の点滴が終われば、抜いてもらえることに
点滴スタンドガラガラ持って歩かなくていいだけでも、すっきり。

IMG00383朝食
8枚切り食パン2枚
イチゴジャム
オムレツデミグラスソース
カリフラワー添え
ミニサラダ
バナナ
牛乳

8枚切り食パン2枚を三分の二おかず、バナナ、牛乳は完食。
食べないと、点滴も外してもらえないという。。


IMG00386昼食
ご飯150g
ぶり大根
青菜の胡麻和え
わかめときゅうりの酢の物


お昼ご飯は完食







IMG00397して、今日はクリスマスイブ
病院でくりぼっち
お夕飯は行事食
ピラフ
クリスマスのチキン
ブロッコリー、カリフラワー、人参添え
野菜サラダ
サウザンドドレッシング
小さなクリスマスチョコケーキ

小さなチキンと、小さなケーキ
嬉しかったなぁ
美味しかったなぁ


20:30 最後の抗生剤が点滴され、
21:30 無事に点滴が外れました。
晴れて自由の身といった気分で、ベット~掛布団とかきちっと直したり、着替えたり。。。
両手がちゃんと使えることのありがたさ

22:30過ぎてもなかなか眠れず。。。
でも、いつの間にか眠ったのでしょう、夜中、1:30のトイレで目覚め、その後、また眠れず。。。。


そうそう、今日はお通じが三回。。。
ゆるいです
出ないよりはいいか。。。。。

熱は、37.5~37.8